首页 >

[新书简介]赖永海 何燕生丨中国仏性論

作者:赖永海

发表时间:2023-09-01

286人




著者:頼 永海 著,何 燕生 译

出版社:法藏館    

出版时间:2023/10/20    

ISBN:9784831877680

定价:本体4,000円+税    

页数:560页

图片

01

内容简介

東アジア仏教の最重要の概念ともいえる仏性の思想。中国における歴史的展開と仏性をめぐるさまざまな議論を膨大な文献から繙き明らかにする。中国本土で版を重ね、台湾、韓国でも出版された基本研究の待望の日本語訳。


这本书探讨了东亚佛教中最重要的概念之一,即佛性的思想。通过大量文献的研究,揭示了中国历史上关于佛性的发展和各种争论。这是一本备受期待的日语译本,该基础研究在中国大陆多次出版,并在台湾地区和韩国也有出版。

02

作者简介

1949年生まれ。福建省漳州市出身。南京大学哲学系卒業。哲学博士。現在、南京大学哲学系教授。専門は中国哲学、仏教学。著書に『中国仏性論』『仏学与儒学』『中国仏教文化論』など多数があるほか、編著に『中国仏教百科全書』(全11巻)、『中国仏教通史』(全15巻)などがある。

1962年生まれ。中国湖北省武漢市出身。東北大大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、郡山女子大教授。専門は日中仏教交流史・日本仏教思想史(特に道元禅、空海)。著書に『道元と中国禅思想』(法藏館)、訳書に『正法眼蔵』(中国語訳。宗教文化出版社)などがある。


赖永海,1949年出生于福建省漳州市。毕业于南京大学哲学系,获哲学博士学位。目前是南京大学哲学系的教授。专攻中国哲学和佛教学。他的著作包括《中国佛性论》、《佛学与儒学》、《中国佛教文化论》等多本书,还参与编纂了《中国佛教百科全书》(共11卷)和《中国佛教通史》(共15卷)等。


何燕生,1962年出生于中国湖北省武汉市。毕业于东北大学文学研究院博士课程,获得文学博士学位。目前是郡山女子大学的教授。专攻日中佛教交流史和日本佛教思想史(特别是道元禅宗和空海)。他的著作包括《道元与中国禅思想》(法藏館)和翻译著作《正法眼藏》(中文翻译,宗教文化出版社)等。

03

目录

日本語訳の出版に寄せて  頼 永海

原著序  任 継愈

緒  論
第一章 印度仏性義の略覧と中国仏性論の概観

第二章 法性と真神
第一節 法性論と本無説
第二節 真神論と霊魂説
第三節 外来宗教と伝統思想

第三章 衆生の有性と一分無性
第一節 闡提成仏と中国の涅槃の聖人
第二節 一分無性説と法相唯識宗
第三節 理性平等と行性差別

第四章 本有と始有
第一節 本有説と始有説
第二節 有固必得果と因不即是果
第三節 亦本亦始と非本非始

第五章 性具と性起
第一節 性具説と天台宗
第二節 性起説と華厳宗
第三節 中道仏性と華厳の境界

第六章 即心即仏と無情有性
第一節 即心即仏と禅宗六祖
第二節 無情有性と後期禅宗
第三節 即心即仏と無常有性

第七章 頓悟と漸修
第一節 頓悟見性と理不可分
第二節 払塵看浄と因縁見性
第三節 頓悟漸修と魚兎筌蹄

第八章 自力と他力
第一節 唯心浄土と西方浄土
第二節 自性自度と慈悲普救
第三節 難行道と易行道

第九章 中国仏性と漢唐社会
第一節 仏性学説の繁栄と漢唐社会の苦難
第二節 中国仏性論の特徴と宗教学説の現実上の品格
第三節 印度仏教の中国化と儒・釈・道の三教帰一

付 録
一、参考仏教典籍一覧
二、主要な参考書目録
原著あとがき
訳者附記
訳者あとがき  何 燕生